彼女を早く幸せにしてあげたくて、早く結婚がしたいのですが、

彼女を早く幸せにしてあげたくて、早く結婚がしたいのですが、仕事や自分自身に自信がなくて、プロポーズすることができません。

今の自分は、仕事も全くできずに精神的にも不安定な状態で、いつ会社を辞めるか、いつ死ぬかもわからないといった状態です。

彼女との結婚も、本当はただ彼女に甘えたいだけで、結婚への覚悟や彼女を本当に愛しているのかも不安になってきています。

彼女もすでに三十路前で、こんな中途半端な男とは別れるべきなのでしょうか?人生ってつらいですね。

回答1

「人生、良い時より悪い時に結婚しろ」って言う人もいますが、今のあなたの精神状態では無理そうですね。

何より致命的なのは、「彼女を本当に愛しているのかも不安」。

確かに、彼女が三十路前なら結婚を意識しているかもしないですし、一度ふたりで話し合いをした方が良いでしょう。

結果的に別れる事になったら、あなたにとっても、彼女とってもつらいことだと思いますが、長い目で見てみれば、その方がお互い幸せなのかもしれませんね。

でも、もう一度彼女への想いを確認してみてください。

彼女のことを本当に愛しているのか、もし彼女が他の人と結婚しても、あなたはそれでいいのか。そうなったとき、少し淋しい気持ちがあっても、彼女の幸せを祈る気持ちになれるのかを確かめてください。

おそらく、人生の中で、本当に愛せる人との出会いはとても少ないです。

本当に愛しているのかと迷う時はあると思いますが、未来をよく考えて想像して、ふたりで話し合いをしてください。

回答2

あなたは自分を馬鹿にしている以上、良くはなっていかないと思いますよ?

あなた自身を肯定できるようにならないと、彼女どころの話ではないです。

まず、自分を受け入れて、自分を好きになること、そこからです。

回答3

彼女の年齢ではなく、問題は彼女を人生の伴侶として責任を持てるかでしょう。

「自分が死にたい」ではなく、彼女とふたりで生きて行きたいと思わないといけません。

あなたに生きる気力がないと、いずれ仕事も彼女も失ってしまうでしょう。

「死にたくないから結婚する」という考えも、同じように相手に見透かされるでしょう。実は私が昔そうだったんです。結果、さらに精神的に最悪な事態になりました。

今までお付き合いしてきた期間が長ければ、女は馬鹿じゃないので、あなたのその精神的な弱さや愚痴を聞いたり、支えたりしてくれていたのではありませんか?

もしそうであれば、あなたのそんな弱い部分も含めて、彼女はあなたを愛していると思うのですが。

相手の気持ちだったり、今までの感謝などが考えられる余裕が出てきてから、あなたには彼女しか居ないと、そう思ったときに決めたら良いことであって、結婚の条件が、年齢や収入だけではない事を分かっていただきたいです。

たとえ焦って決めたとしても、お互い納得出来ないと思いますし、長続きもしないでしょう。

回答4

彼女に、ありのままの気持ちを伝えてみたらいかがですか?

彼女も微妙な年齢になってきているようですし、「愛しているか不安」なんて言っているような男と付き合っていることが、将来を彷徨うリスクになりかねないです。

一番大切な愛情さえも不確かなのであれば、彼女にも将来の選択肢を与えてあげるべきでしょう。

別れを切り出されるか、あなたに寄り添ってくれるか、なんらかの答えが出さえすれば、あなたの中でも何かが変わり始めるのではありませんか?

結婚について「愛さえあれば!」と、夢みたいなことを言わず、ずっと真剣にお考えなんだなと感じました。

あなたか彼女、どちらかが挫けたとき、支え合うのもパートナーですからね。

素直に自分自身をさらけだしてみるのも、必要なことだと思いますよ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加