プロポーズに指輪は必要でしょうか?

プロポーズに指輪は必要でしょうか?

結婚したい女性がいるのですが、お金がなくて踏み出せずに分からなくなってしまった25歳の会社員です。

社会人になって間もないということと、奨学金を借りて大学院まで進学し、卒業したということもあり、お金がないです。

そんな状況の中、4年以上お付き合いしている女性がいて、将来結婚を考えています。

彼女とは、それらしいことは話してはいたのですが、ちゃんとしたプロポーズはまだしていません。

自分の中で、プロポーズのときに婚約指輪を一緒に出すというイメージが強く、現在まとまったお金が無いため、プロポーズに踏み切れていないのです。

幸いにも、夏のボーナスと冬のボーナスは頂けるので、私のシナリオとしては、夏のボーナス+冬のボーナスで、お金に少し余裕ができるため、それまでに気持ちの整理をつけたらプロポーズをしようと計画を立てていました。

しかしながら、彼女の方が痺れを切らしてしまったのか、結婚を促す内容の話を彼女の家庭でどうやらしていたようなのです。

どうせなら、私には黙っていてくれたらよかったのですが、それを私にまで話して来てしまったため、私の中のプロポーズのシナリオが台無しになったというか、分からなくなってしまいました。

恰好つけたがりと思われるかも知れないですが、ひとりの男として、一生に一度のチャンスでもあり、ステキなプロポーズにしたいと考えていたのに、先に結婚の話をされてしまったら、どうしたら良いか分からないのです。

行動が遅い私の責任と言われればそれまでですが、特に女性の方にお聞きしたいのが、

①プロポーズに指輪はなくても、後から渡せばいいのか

②素敵なプロポーズを男目線でぐずぐず考えているより、お金がなくても想いを告げられたほうがいいのか

③そんな理由で分からなくなるなど、結婚は最初から無理だと思うのか

④冬のボーナスまで待ってでも、指輪を持ってプロポーズをすべきなのか

正直、自分の中で整理が出来ていないので、上記のどれも行動に移せないのかも知れないですが、いったい女性としてはどのような行動が嬉しいのか、教えて頂けると幸いです。

回答1

確かに、虚構の世界ではプロポーズと指輪は同時ではあるんですが、普通はプロポーズして、相手からの承諾をいただいてから、指輪を準備するものですよ。

あなたがどうしてもそこにこだわりたいのであれば別なんですが。

選択肢のうち、私の答えは①②ですが、結婚式については多くの女性が、「絶対教会式で挙げたい!」とか、絶対こうしたいなどの小さい頃からの夢にこだわって、それが叶わないと分かった時点で、結婚式に対する希望が小さくなってしまうことがあります。

だから、あなたの『プロポーズはこうあるべきだ』というスタイルを崩したくないという気持ちが働いて、今回のこの質問に至ったのかなと思うので、④という答えも私はあり得ると思います。

いずれにせよ、おふたりで後悔のないように考えて、ベストと思える結婚をしてくださいね。

最後になりますが、あなたの今の状況を聞いて、女性として嬉しい行動は

『結婚しよう。指輪は今から一緒に見に行こう!』と1万円くらいの指輪でいいので買ってもらうことだと思います。

『今はこの指輪しか買えないけど、ボーナスが入ったらダイヤ付きのものを買うから、それまでこれで我慢してくれ』と言ってもらえたら幸せですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加